蔵元 稲田本舗【新米蔵人の奮闘記】

BLOG TOP


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めに、酵母を増殖させた酛(酒母)を、
もろみを仕込むタンクに移します。
この作業を酛下ろしと言います。
「ため」という容器に入れた20リットル位の酛を運んできて、
#37211;下ろし①

続きを読む »

スポンサーサイト

今月6日から始まった麦焼酎の仕込が
24日に終わりました。
23日には営業の舟越さんが来てくれました。
舟越さん櫂入れ
朝6時開始の日もあり、冬の清酒の仕込みの練習だなあと思いました。
続けて、芋焼酎の仕込みに入ります。


蒸米

蒸米を布に分けて冷やしています。
熱々の蒸米を冷やし、麹をつくる部屋に入れ、
麹をつくります。

蒸米をスコップですくいます。
4月の米焼酎のときは、上手く力が入らず、
一度にたくさん取れませんでした。
力が付いてきたのか、力が伝わるようになったのか、
だいぶ上手くなってきましたよ。
まだまだだと言われそうですが。

毎年秋にきき酒王者を決めるべく、「素人きき酒大会 全国大会」が開催されます。
今日はその各県代表者を選考するための「素人きき酒大会 鳥取県大会」が開催されました。
鳥取県下全域から、舌に自身のある方は勿論全くの初めての方まで、総勢120名の方々にご参加いただきました。
きき酒競技から始まり、食事をしながらの懇親会、結果発表とイベントは進みます。
最後の結果発表では、上位入賞者のお名前が発表されるたびに、そのテーブル周辺ではざわめきと拍手が起こり、まさにドキドキタイムとなりました。
上位2名の名人賞の方には、10月22日に東京で開催される全国大会に出場して頂く予定です。
ぜひ全国制覇を果たし、優勝カップを鳥取の地にお持ち帰り下さい!

写真は、我が社社長の成瀬(女性)の挨拶。
酒蔵にしては女性比率の高い稲田本店ですが、その比率は50%!
「当蔵には、20代から50代まで幅広く稲田姫が揃っているのでよろしく」とのことですが、 稲田姫がBer稲田にならないようにお気をつけください・・・。(失礼)
2010素人きき酒大会


#37211;タンク

先週から麦焼酎の仕込みをしています。
ずらっと並んだタンク中で酵母を増殖させています。
酛または酒母と言い、これを麹や麦と仕込むと、もろみとなります。
大量の酵母を用いて、もろみで健全な発酵を行わせるようにします。


9月16日に米子のホテルサンルートにて「素人きき酒大会」が催されます。
大会の詳細は新着情報に掲載しておりますので省きますが、今日はこの大会のPRのために地元のラジオ番組に出演してまいりました。
こちら山陰地方では結構人気のある「自由奔放おしゃぺり本舗」と言う番組です。
これまた地元で人気のベルオさんとミズエさんの掛け合いトークが面白い情報番組なのですが、そこに割り込ませて頂きました。
お二人とも、オンエア中の軽快なトークとは裏腹にCM中などのオフエアの間は真剣な表情で読み合わせを行っておられます。
ラジオの裏側を見れたようで楽しい経験でした。
ラジオ出演


 BLOG TOP 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。