蔵元 稲田本舗【新米蔵人の奮闘記】

BLOG TOP


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲田本店は今日が仕事納めです。
お正月準備もちょこっとだけどしましたよ。
去年から鏡餅は自家製です。なかなか様になってるでしょ!?

IMG_8468.jpg

お花も生けてみました。
大きいお花は難しいけど、桝を使ってちょこっと活けるのは楽しいです。
「そういえば、どっかに桝があったなぁ」って方はどうぞお試しくださいませ。

IMG_8473.jpg

今年一年も大変お世話になりました。
仕事始めは1月4日からとなります。
皆さまどうぞ良いお年を!!
スポンサーサイト

仕込は水、麹、蒸米を入れます。

仕込①
右の釜で蒸した米を、左の機械で冷やします。

仕込③

仕込⑤
下の階のタンクへホースで運ばれます。

今日までにタンク3本の仕込が終わりました。
まだ始まったばかりなので、体調に気をつけて乗り切りたいと思います。



蔵では本醸造酒の本仕込が進み、人の動きも慌しくなってきました。
精米の方も中盤に入り、大吟醸酒用の精米歩合の低い米が次々と仕上がっています。

23年山田錦玄米
23年山田錦38
上の写真が玄米、下の写真が大吟醸用に38%精米したものです。
この場合、約6割が糠になってしまいますが、米の外側を削った糠は飼料として、内側を削った糠は米焼酎の原料の一部として利用されます。


南部町食と地域の交流協議会研修生の赤木さんが
蔵体験に来られました。
朝6時からの麹室での作業に始まり、
麹、酒母、仕込の作業を体験したり見学したりしていただきました。
いろんな質問があり、酒造りに興味を持って参加してもらいました。
赤木さん

前段階の仕込の酛が1本できあがりました。
酛は酵母を増やすためにあります。
酵母が増えてくると泡が高くなります。
#37211;①

今日新たに酛を仕込ました。
原料は水、麹、蒸米、酵母、乳酸です。
今は酵母の栄養分となる甘い液を作っている段階です。
#37211;②


容量2万リットルのタンクを洗いました。
長いはしごで中に入ります。
タンク①

中に入ると、タンクの口が遠くて孤独です。
洗い終わると充実感いっぱいです。

タンク②


本格的な仕込は10日ほど先ですが、その前段階の酛の仕込をしました。

#37211;

本格的に始まるまでは準備作業をします。
タンクなど使用するものを洗ったり、掃除をしたりしています。
仕込タンク




 BLOG TOP 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。