蔵元 稲田本舗【新米蔵人の奮闘記】

BLOG TOP


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の皿谷さんに続いて、稲田屋大手町店http://inataya.co.jp/shops/ohtemachiから、奥田さんが参戦してくれました。
先週に比べて山陰地方は冷え込みが厳しく、夜明け前後は氷点下まで気温が下がります。
奥田さん来蔵時の冷え込み
蔵の軒先には大きなツララが垂れ下がりました。


蔵の仕事は重労働が多いため、女性の奥田さんには厳しいかなと思っておりましたが、持ち前のパワーで元気に乗り切ってくれました。
画像は大吟醸の限定吸水による洗米風景。
奥田さん洗米
2.4kgのカゴに10kgの米を入れ、さらに30%の水を含ませるので一カゴ15.4kg。
重たく冷たい作業が続きます。
スポンサーサイト

東京から皿谷料理長と同じ飛行機で、稲田屋の料理開発室から山崎室長も山陰に来ています。
山陰の未知の食材を求め、定期的に山陰を訪問しています。
このブログをご覧の皆様、もし「山陰のこんな食材が面白いよ!」という物があれば、ぜひ情報を頂ければ幸いです。
実は一昨日、山崎さん達と米子の夜の街へ繰り出したのですが、話が盛り上がって、「私も明日の朝は少し空いた時間があるから仕込みの手伝いに行くよ!」と、山崎さん非常に張り切っていました。

私はノリで言ってるだけだと思っていたのに、翌朝蔵を覗くと・・・
山崎さん麹室
山崎さん、全開パワーで麹と格闘してくれておりました。
忙しい中、早朝の空いた時間を利用して手伝いに駆け付けてくれました。
今年は稲田屋パワーもいっぱい入って、一層美味い酒が出来そうです。
皿谷さんと山崎さん
めずらしい、稲田屋料理人2人での麹室作業2ショット。
色々と多忙な中有難うございます。店と蔵との絆を感じた一幕でした。



毎年恒例になった稲田屋からの仕込み応援。
今週から稲田屋品川店http://inataya.co.jp/shops/shinagawaの皿谷料理長が来蔵してくれています。
普段は同じ顔ぶれの蔵人の中にフレッシュなメンバーが加わると、それだけで気分もリフレッシュ。
作業の合間に色んな話しを聞かせてもらいます。
茨城県出身の皿谷さん、震災時は東京から徒歩で13時間かけて実家まで戻ったそう。
そんなエピソードやコツコツと丁寧に仕事をする姿からも、実直な人柄を感じさせてくれます。
現在蔵では純米吟醸と大吟醸の仕込みの真っ最中です。
吟醸系の仕込みは繊細な作業が続きますが、皿谷さん持ち前の丁寧さで作業をこなしてくれています。
皿谷さん蒸し米
今週の山陰地方は比較的気温が高く、安定した天気。
しかし気温が高いと中々蒸し米の温度が下がらず、作業時間が長引きがちになります。

今日は早朝からテレビ取材がありました。
蔵の日本酒仕込みの取材と、季節のお料理の紹介ということで日本海テレビから桑原アナに来ていただきました。
現在蔵では大吟醸仕込みに向けた麹造りの真っ最中。
レポーター役の桑原さんにもたっぷりと汗をかいてもらいました。
そして、午後からは蔵料理の紹介です。
蔵の賄い料理「泡汁鍋」を酒処稲田屋米子店の西村料理長に作ってもらいました。
酒もろみの発酵に伴って発生する泡(タンク横にへばり付く泡粕をヘラで掃除するのですが、それを捨てずに取っておいて料理に活用します)を味噌仕立ての鍋に入れるとまろやかな風味の泡汁鍋の出来上がり。
放送は22日と29日の午前10時25分から。
日本海テレビの「とっとりTRY」の中で放映されますので、ぜひご覧下さい。
とっとりTRY撮影

稲田屋米子店http://inataya.co.jp/shops/yonagoでは、この泡汁鍋を期間限定でメニュー化する予定ですので、ぜひこの機会に酒蔵料理をお試し下さい。
*もろみの泡は普通は中々手に入らないので、ご家庭でお試しになる時は酒粕を代用して頂いても美味しくいただけます。

先週の土曜日に新年会をしました。
毎年、我社のお酒を使って頂いているお店でするのですが、
今年は駅前にある「あげあげ」さんというお店でしました。
あげあげさんの名物料理は、ワニのBBQ(バーベキュー)!!
せっかくだからと、注文しました。
めずらしいので、握手をしたり、じゃんけんをしたり(笑)
なかなかのインパクトです。
IMG_8491.jpg


アップ!!
爪もしっかりついてます!!
IMG_8500.jpg


それにしても、お酒というのは人の意外な一面がわかりますね~(意味深…)
なんだかんだで、楽しい夜でした。
こんな稲田本店ですが、今年もよろしくね~!
IMG_8517.jpg

あけましておめでとうございます
今年の元旦は昨年の大雪とうって変わり、
たいへんおだやかな一日となりそうです

H24新年

あまり変わり映えのない風景に見えますが、去年は一面大雪でした!
車は我が愛車(農道のポルシェ)のみでちと寂しい・・・

三が日以降は新酒の上槽が始まります
清酒造りもこれから吟醸、大吟醸と忙しくなりそうです
どうぞ本年もよろしくお願いいたします


 BLOG TOP 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。