蔵元 稲田本舗【新米蔵人の奮闘記】

<< きき酒会BLOG TOP自販機 >>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

               たべのま
6月20日・21日と米子のナイトスポット朝日町で「食べないと飲まナイトin米子朝日町」という催しが開催されました。
5枚綴りのチケットを購入して、1枚につき1店舗使用、おつまみとお酒を提供してもらいます。
普段行き慣れたお店だけでなく、新しい自分好みのお店を発見する絶好の機会と言う訳ですね。
私たち酒蔵メンバーもチケットを購入し、20日の夜に朝日町に繰り出しました。

まず最初に立ち寄ったお店は町の入り口にある焼き肉店。
道路に面しているので、車で前を通るたびに「美味しそう…」と気になっていたお店でした。
メンバー4人で早速入店です。
shop_23.jpg
出てきたおつまみは当然焼き肉なのですが、こんなに美味い肉は初めてと言うくらいの超ハイレベル肉でしたね…
実は事前の知人の話ではタレがあっさりし過ぎていて、コッテリ好きには不満足との評価だったのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。
美味し過ぎです。
また是非行きたいお店となりました。
じっくりと腰を降ろしたい所ですが、今日はチケットを消費せねばならないのですぐに店を出て次へと向かいます。

次に入ったのは、日本酒にかなりのこだわりのあるお店。
チケットで出てくる本日のお酒も「純米酒の燗」、いいですねー。
おかみさんの説明も非常に丁寧で、酒に対する想いが伝わってきます。
shop_17.jpg
落ち着いた雰囲気でゆったりとくつろげるお店でした。

余韻を楽しみながら、次へ向かいます。
次は、少し路地に入った所にあるカウンターと調理場が近くてマスターとの話が楽しくなりそうなお店。
すでに常連さんで一杯でしたが、席を空けてもらって恐縮しながら座ります。
こちらもおつまみに刺身まで付けてもらって大満足です。
チケット1枚でこんなに良くしてもらって良いのでしょうか…。
shop_4.jpg
次回はぜひゆっくりとお邪魔させていただきたいと思います。

かなり満足してきたので稲田屋米子店http://inataya.co.jp/へ。
今日のチケットメニューは、芋焼酎の湯割りと豚の角煮、芋焼酎なまけものになりなさいのストラップ付きという、ややマニアックなものでした。
shop_7.jpg
コッテリとした煮物と芋焼酎はほんとに良く合います。


『食べないと飲まナイト』と言う企画、全国各地で催されており、米子朝日町は第8開催地の1回目と言う事になります。
今まで気になっていたけど暖簾をくぐる事が無かったお店に気軽に入れる良い機会であったり、同じ企画に参加する知らない人たちとの出会いなど、本当に良い催しだったと思います。
後から聞いたのですが、当日は約1500人の方が朝日町でこの催しを楽しんだとの事。
どおりで、普段には無い賑やかさが街に漂っていました。
毎月開催すればいいのにと思ったほど楽しかったです。
次回の開催を楽しみにしています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



 BLOG TOP 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。