蔵元 稲田本舗【新米蔵人の奮闘記】

<< 大吟醸の瓶詰めが始まりましたBLOG TOP稲田屋さん研修その4 >>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある料理屋で出して頂いた「純米吟醸いなたひめ強力」。
陶器の猪口へ注いでくれるのですが、飲み口の一部が渋い金色になっています。
IMG_2616.jpg
これは「金継ぎ」と言う古くからの陶器の補修方法。
欠けた部分に漆を何層も塗り重ねていき、形が整った最後の塗りが乾く前に金箔を設えます。

欠けた器もこのように補修することで、新たな命を宿されます。
茶道が盛んになった室町時代から続く和の文化なのですが、器も成長していくもんだな…と改めて感心しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



 BLOG TOP 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。